2005年12月10日

(プロ市民)市民運動家3人に逆転有罪ーようやくまともな判決に♪その2

昨日のエントリーの元ニュース
市民運動家3人に逆転有罪 「他人の権利侵害許さず」
に関して今日の新聞の社説で何紙か取り上げてたので拾ってみました。


ちょうどmumurさまのブログにもこの件のエントリーがありました。
当方のしょぼい内容とはまったく違って分かりやすくて素晴らしいですねぇ
あの域に達するのは・・・無理(´・ω・`)


産経、讀賣は今日は関連なし、毎日も見あたらず。
残るは・・・売国全国紙の3銃紙の残り2紙、朝日と中日(東京)です。
予想にたがわぬデンパぶりでした(;゚д゚)ポカーン


2紙とも全文引用

何と息苦しい世の中か (中日新聞12.10社説)

<引用開始>
 「反戦」のビラを配布しただけで、逮捕されてはかなわない。一審無罪の判決を逆転有罪とした東京高裁の判断は、あまりにも形式的すぎないか。何とも息苦しい世の中になってきた。

反戦ビラ判決


 一年前、東京地裁八王子支部で三人の市民運動家に言い渡された判決は「無罪」だった。

 東京都立川市にある防衛庁宿舎の郵便受けに「自衛隊のイラク派兵反対」などと書いたビラを配布したことで、住居侵入の罪に問われていたのである。

 ビラの配布や投入は、広報や宣伝などの方法として、日常的に行われる行為である。仮に住居侵入にあたるとしても、罰するほどの行為ではないと、一審では判断していた。ビラ配布は「憲法二一条の保障する政治的表現活動であり、民主主義の根幹をなすもの」とも述べた。言論や出版など表現の自由を保障した条文である。市民感覚にも合致する判断だったといえるのではないか。

 ところが、今回の高裁判決は、宿舎の入り口に「関係者以外立ち入り禁止」と掲示があったことなどを理由として、逆転有罪の罰金刑を言い渡した。「反戦」ビラの配布について、「宿舎の管理権者らの意思に反することが明らか」とも断じた。刑法を形式的に適用したのである。

 しかし、考えてみたい。この三人は警察に身柄を拘束され、その拘置期間は七十五日にも及んだ。自衛隊のイラク派遣が社会的な問題として取り上げられていた時期だった。「宿舎立ち入り」は口実で、反戦ビラを問題にしたのではないかと受け止めた人もいる。そうでないとしても、微罪逮捕で結果的に自由な言論が封じ込められたといえないか。

 実は微罪逮捕は、各地で相次いでいる。昨年末には東京都葛飾区で、政党ビラを配布した男性が逮捕された。今年三月には町田市で、九月には世田谷区で、十月には江戸川区でと次々と事件が続いた。

 全国にも波及している。十月には神奈川県大和市の米軍厚木基地や沖縄県の米軍嘉手納基地付近で事件が起きた。建造物侵入や公務執行妨害などの容疑ばかりでなく、国家公務員法を適用するケースさえあった。公務員の政治活動を禁じた条文は、違憲論議が絶えないものである。

 「警察国家」の方角に向かっているのかと指摘する人もいる。民主主義を支えるのは、自由で活発な言論であるはずだ。とりわけ政府を監視し、批判を加える言論は大切なものだ。こうした微罪逮捕を司法がチェックできなければ、自由であるべき政治活動や市民運動が委縮する。

<引用終了>


ただ反戦のビラを配っただけで逮捕だったら今回の事件で警察側を支持する人間なんてほとんど居ないでしょうよ(´。`)はぁ・・・。




ビラ配り有罪 表現の自由が心配だ (朝日新聞12.10社説)

<引用開始>
 自衛隊のイラク派遣に反対するビラを東京・立川の防衛庁官舎に配って住居侵入罪に問われ、一審で無罪となった市民団体の3人に対し、東京高裁が逆転有罪の判決を言い渡した。

 有罪とはいえ、懲役6カ月の求刑だったのに対し、量刑は罰金10万〜20万円だった。勾留(こうりゅう)日数の一部を金に換算して差し引くと、1人は払う罰金がゼロとなる。いったい何のための捜査、裁判だったのか。裁判官も有罪としながら、ためらいがあったのだろう。ビラ配りを「犯罪」に問うた無理が浮かび上がる

 3人は「自衛官・ご家族の皆さんへ 自衛隊のイラク派兵反対!いっしょに考え、反対の声をあげよう!」などと書いたビラを各室のドアの新聞受けに入れた。逮捕され、75日間も留置場などに入れられた。

 3人が官舎に入ったのは、門扉のない出入り口からで、他の配達員も立ち入る共用部分だった。一審判決はそう認定して、「刑事罰に処するほどの違法性は認められない」と判断した。常識的な見方だろう。

 一方の二審判決は、官舎を管理する自衛隊幹部らが居住者に「反自衛隊的なビラの配布を見かけたらすぐ110番通報を」という文書を配ったりしていたことを詳しく述べた。これらから、問題のビラ配りがいかに官舎の管理者らの意思に反していたかを強調している。

 だが、処罰するほどの違法性があったか、という肝心の点では、「表現の自由が尊重されるべきものとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない」などと、あっさり述べただけだ。形式論という印象がぬぐえない。

 最近はインターネットによる情報発信もふえたが、普通の市民にとってビラ配りは身近な表現手段として大きな意味を持つ。息子の交通事故の目撃者を探すビラ、NPOや地域活動の案内ビラ。それらも、目くじらをたてれば、自由に配ることはむずかしくなるだろう。

 イラク派兵反対などを訴えるビラについては、一審判決が「政治的表現活動の一態様で、民主主義社会の根幹を成す」と、高い価値を認めた。ビラ配りによって一部の住民が不快感を感じるにしても、社会的な表現手段を認め合うことの大切さは否定できない。二審判決では、こうした考慮が感じられない。

 立川の事件後、ビラ配りでの逮捕が相次いだ。神奈川県横須賀市や愛知県小牧市では、市民団体が防衛庁官舎にビラを配るのをやめた。市民の萎縮(いしゅく)が広がっている。

 一方で、そうした流れに抗するようにビラ配りの自由を求める市民集会や、ビラ配りでの勾留請求を裁判所が却下する例も相次いでいる。

 今回の有罪判決が表現の自由を閉ざす方向に働かないか、心配だ。

 被告側は上告した。市民の表現の自由に十分に配慮した判断を示すことを最高裁に期待したい。


<引用終了>


syoukyaku01.jpg



そもそも普通の市民は反戦ビラ配りなんかしませんて


mumurさんもおっしゃってるが、このくされ新聞社どもの玄関ホールや、その家族が住む寮(みたいな場所があったとして)の内部共用スペースで「売国新聞社は考えを改めろ」と書いたビラをしつこく配っても文句は言わないのかね

オマエラの主張が何であれ、自衛官の家族に嫌がらせする権利があるのか?
自衛官の子供や妻には人権もプライバシーも無いのか?

しかも、管理組合、および住人たちがほとんど抗議してないような書き方をしているのに非常に腹が立つ。
事実を伝えず、自分たち(およびそのシンパ)の主張を通すために恣意的に実際の事件の一部のみを切り出して報道する手口には心底うんざりするね

そもそも自衛官本人、家族に対して「イラク派兵反対」等と騒いで何の意味がある
文句があるなら上層部に言うべきことではないのか?
年末の道路工事にいらついてるおっさんが現場の警備員に食って掛かってるのと何一つ変わらんぞ。
配りたければ防衛庁の前ででもやって来い
ついでに農民蜂起を武力鎮圧している支那畜に対して抗議してくるんだね、現地に行って
逮捕ですめば御の字だろうよ
posted by ita3 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(15) | 時事(ニュース系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おまえもな~(東京新聞)
Excerpt: 反戦ビラ判決 何と息苦しい世の中か http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20051210/col_____sha_____003.shtml
Weblog: いつもゴロゴロダラダラ
Tracked: 2005-12-10 14:40

北海道新聞の社説(12月10日)
Excerpt: 反戦ビラ配布*表現の自由が失われる(12月10日)  東京都立川市の自衛隊宿舎に
Weblog: ま、いいんじゃないっスか?
Tracked: 2005-12-10 17:14

防衛庁官舎ビラまき事件
Excerpt: ■防衛庁官舎ビラまき事件に逆転有罪判決…東京高裁 東京都立川市の防衛庁官舎に昨年、イラク派遣反対のビラを投函(とうかん)し、住居侵入罪に問われた市民団体「立川自衛隊監視テ??
Weblog: ピースファクトリー:高知
Tracked: 2005-12-10 18:22

反戦ビラ事件検証のつづき
Excerpt:  1審判決のダブルスタンダード ??ピザとは違うのだよ、ピザとは??  これ前のエン
Weblog: ま、いいんじゃないっスか?
Tracked: 2005-12-11 00:29

反戦ビラ有罪判決・受け手の気持ちも反映されてこそ
Excerpt: この時期になると、皆さんのお宅の郵便受けには、クリスマスセールとか、お歳暮のチラシとかが入る時期なのではないでしょうか。そして、来月になれば、年賀状のシーズン。郵便受けをチェックするのが楽しみなシーズ..
Weblog: Yuu's Blog
Tracked: 2005-12-13 20:20

立川ビラ配り控訴審判決批判の投書を嗤う
Excerpt: &lt;font size=3&gt;凄まじい投書発見!・・今日の朝日新聞の投書欄『声』に常連投書者(笑)の投書がありました。&lt;font color=red &gt;『思想の弾圧につながる判決』..
Weblog: 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
Tracked: 2005-12-16 13:28

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決(その2)
Excerpt:   立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決、ビラ配布に可罰的違法性無し http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041218#p1 の続きです。 検察が控訴しないよ..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:08

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決、ビラ配布に可罰的違法性無し
Excerpt: 冤罪に問われた三人のみなさん、無罪判決おめでとうございます。当然の判決主文だと思います。この事件、海外では「日本で発生した良心の囚人」として注目を集めていた人権弾圧事件でした。判決の良し悪し以前に、..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:08

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決(その3)
Excerpt:   控訴の提起期限((刑事訴訟法「第三百七十三条 控訴の提起期間は、十四日とする。」 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO131.html ))は12月3..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:09

立川反戦ビラ事件:検察が控訴
Excerpt: 検察は不当にも控訴しました。検察の控訴は遺憾ではありますが、被告人のみなさん、これからもがんばりましょう。大洞さんのサイトの「控訴審でも無罪を勝ち取るぞ」の文字に少し安心しました。 興味深い情報がい..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:10

街から反戦の声が消えるとき
Excerpt:   読了。   街から反戦の声が消えるとき 〈立川反戦ビラ入れ弾圧事件〉 宗像充著 ISBN:4434057529:image http://d.hatena.ne.jp/asin/4434057..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:10

立川反戦ビラ事件:法学館憲法研究所のコラム
Excerpt:   法学館憲法研究所で立川反戦ビラ入れ弾圧事件と表現の自由について、憲法学の立場からコラムが掲載されています。   ■法学館憲法研究所 http://www.jicl.jp/hitokoto/ind..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:11

立川反戦ビラ事件:腐敗する司法・肥大する行政
Excerpt:   被告の大西さんが第1部で発言しています。   ■ビデオニュース 公開シンポジウム『おかしいぞ警察・検察・裁判所』 http://www.videonews.com/sympo_jurisdict..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:11

立川反戦ビラ事件:2月27日に集会を開催
Excerpt:   なあ検事さん 知ってたら教えてくれ 「住居侵入」って 平穏な生活を壊すことだろ? 他人の家に入って 平和な生活を壊しちゃいけないってことだろ? 知ってたら教えてくれ いったい誰が平穏な生活を壊し..
Weblog: kitanoのアレ
Tracked: 2006-01-09 10:13

立川反戦ビラ事件の被告人らの無罪を訴える法学者声明(1)
Excerpt: &lt;font size=3&gt;立川でプロ市民が行った自衛隊官舎でのビラ配りに関する平成17年12月9日の東京高等裁判所の判決の余韻が続いている。被告側のプロ市民は上告して争う構えであり、19日..
Weblog: 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
Tracked: 2006-01-11 14:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。