2005年12月09日

(プロ市民)市民運動家3人に逆転有罪ーようやくまともな判決に♪

地裁では時々訳の分からん判決が良く出るようで、この件の地裁判決が出た時には思わず素で(゜Д゜)ハァ?となってしまったのを思い出します(苦笑)

市民運動家3人に逆転有罪 「他人の権利侵害許さず」

<一部引用>
判決理由で中川武隆(なかがわ・たけたか)裁判長は「配布の仕方が社会的に認められる範囲内だなどとして、刑事罰に値する違法性(可罰的違法性)がないとした一審判決は、事実を誤認している。表現の自由が尊重されるべきであってもそのために他人の権利を侵害してよいことにはならないと述べた。被告らは上告する。

 昨年12月の一審判決は「被告らの行為は住居侵入罪に当たる」としながらも「憲法が保障した政治的表現活動で、放置状態の商業的宣伝ビラ配布より優先される」と判断。「動機は正当で、被害の程度も極めて軽い」として無罪を言い渡したため、検察側が控訴していた。

 高裁判決はまず「政治的意見の表明が言論の自由で保障されるとしても、管理者の意思に反して立ち入ってよいということにはならない」と指摘。「立ち入り禁止の掲示板を表示した後や、居住者による抗議を受けてもさらに同じ行為を繰り返すなどしている」とし、被害程度も「居住者が受けた不快感などから極めて軽微とはいえない」と、一審の判断をことごとく覆した。

<引用終了>

densichi01.jpg



当たり前といえば当たり前の判決ですが、地裁の判断が凄くアレでしたので_| ̄|○

自衛隊のイラク派遣に反対して抗議するのは勝手にどうぞですが(言論の自由は保障されてるからねw支那畜とかと違って)それを自衛隊の家族も住む宿舎に入り込みポスティング
しかも宿舎側から立ち入らないようにと注意、警告までされたのも無視してしつこくビラをまき結果逮捕となったんですから、はっきり言ってストーカーと同じでしょう



しかし一審の裁判官は心底あほではないかと思ったんだよね、当時も


「商業ビラ投かんのための立ち入り行為が何ら刑事責任を問われず放置され、(3人の)行為を長い間不問に付してきた経緯がありながら、防衛庁・自衛隊・警察から正式な抗議や警告といった事前連絡なしに、いきなり検挙して刑事責任を問うのは疑問だ」

「立ち入りの動機は正当で、態様も穏当。プライバシーを侵害する程度は相当に低く、居住者や管理者の法益の侵害は極めて軽微だ」


ピンクチラシはともかく、普通の商業ビラを配る人たちは配る対象相手に敵意なんかもってないでしょう、普通は( ゚д゚)ポカーン
明らかに住人(自衛官)および住人たちが所属する組織に対して敵意を持ってる団体が自宅間際まで来てビラ配りをしているんですよ
しかも管理組合も注意警告しているし、プロ市民側もそれを認めていたりします(目に付かなかったとかの言い訳はしてますが)

これで無罪出しちゃう裁判官てアホじゃないかと
地裁にはアカが多いって言うのは本当みたいですねぇ


<参考>
今回特に、某S氏様のブログを参考にさせていただいております、この場を借りて感謝いたします

<その他参照>12/10追記
表現の場は開かれている(沖縄タイムス2004.12.18社説)
一審判決が出た後の沖縄タイムスの社説です。沖縄の新聞社って何でこんなにアカイんだろうねぇ・・・
posted by ita3 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(ニュース系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

勝手に敷地に入るのは犯罪です【妻】
Excerpt: 自衛隊官舎で反戦ビラを配った市民団体に有罪判決を言い渡した。 「ビラを配って有罪なんて信じられない」「表現の自由が奪われた」とか、プロ市民が騒いでいる。 でもこれって、「勝手に他人の敷地に入ったり..
Weblog: 鬱々夫婦の日記
Tracked: 2005-12-10 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。