2006年07月17日

酢薔薇しき大統領閣下



盧大統領「日本とは対決しなければならない

「米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが…」





 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が今月11日に行われた与党ヨルリン・ウリ党の指導部および国会の統一外交通商委員会に所属する議員らとの晩さん懇談会で行った発言が波紋を呼んでいる。




 一部新聞は懇談会出席者の証言を引用し、盧大統領は「ブッシュ米大統領が北朝鮮問題を善と悪の対立概念で見ているため、説得が難しくなっている。米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが、日本とは対決しなければならない」と語ったと伝えた。




辛貞録(シン・ジョンロク)記者 朝鮮日報




warai01.jpg



  わしにはこいつの考えてることがさっぱり理解できんわぃ

  だが、今回ばかりはお前の頭が悪いせいではない、気にするな

  ようはこの大統領がいかれてるって事なんだな・・・

 





posted by ita3 at 13:57| Comment(26) | TrackBack(0) | 時事(半島、大陸系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。